クロコダイル革のシャイニング仕上げとは

シャイニングクロコダイルの魅力

皮革の宝石と呼ばれるクロコダイルですが、仕上げの方法のひとつに、シャイニング仕上げまたはグレージング仕上げと呼ばれるものがあります。

そこで、ここではその特徴や、取り扱い方法などについて説明いたします。

  1. シャイニングクロコダイルの特徴
  2. シャイニングクロコダイルの鞣し方
  3. シャイニングクロコダイルのお手入れ方法
  4. シャイニングクロコダイルの経年変化

【シャイニングクロコダイルの特徴】

輝きと光沢が魅力のシャイニング仕上げです。

従来より愛され続けている仕上げ方法で、ひとつひとつのうろこがキラキラと輝くさまは、まるでダイヤモンドのようなきらめきであることから「革の宝石」と呼ばれるようになりました。

特に、オレンジやレッドなどの明度の高い色の革だと発色が良く、その魅力をより引き立たせてくれます。

【シャイニングクロコダイルの鞣し方】

シャイニング仕上げはグレージング仕上げとも呼ばれ、表面にタンパク質バインダーと呼ばれる仕上げ剤を塗って、メノウの石で磨き上げることにより、仕上げる方法です。

一番の魅力はなんと言ってもきれいに磨き上げられた透明感のあるツヤにあり、昔からあるクロコダイルのハンドバッグはそのほとんどがこの仕上げ方法となっています。

【シャイニングクロコダイルのお手入れ方法】

シャイニング仕上げの光沢感といったものは、クロコダイルの大きな魅力である反面、ちょっとしたことで傷が付きやすく、紫外線などの影響も受けやすいといった欠点にもなってしまいます。

そこで、日常の使用の際には乱暴な取り扱いは避けるのはもちろんですが、お手入れの際にも気を付ける必要があります。

ふだんのお手入れとして、から拭きがありますが、固い布で力を入れてこすったりせずに、柔らかい布を使い軽く拭くようにします。あとは、定期的に専用のケア用品を使ってのメンテナンスを行うことも大切になります。

クロコダイルは非常にデリケートな素材ですから、取り扱いやお手入れ、保管方法には十分に気を付けることが大事です。

また、雨などで濡れた場合はすぐに乾いた布などで水分を拭き取る、保管時には汚れなどを落とした上で、高温多湿の場所や風通しの悪い場所を避けて保管しておく、長時間直射日光や照明に当てないようにすると言った点にも気を付けるようにして下さい。

ツヤと輝きを長く保つことが出来るかどうかは、日常の取り扱い方も重要となりますので、シャイニング仕上げのクロコダイル製品は以上のポイントをしっかり押さえた上で、使用するようにして下さい。

以上、クロコダイルのシャイニング仕上げの、使用上の注意点などを挙げてみましたので、参考にして下さい。

【シャイニングクロコダイルの経年変化】

シャイニング(グレージング)仕上げの革の経年変化は、少しずつツヤ感が失われていき落ち着いた質感に変化していきます。

その変化を継続して楽しむこともできますし、「ツヤ出し」と言って購入当初に近い光沢感を復元することもできます。

メノウの石で磨き直しをすれば輝きは戻ってくるのですが、製品になった状態の革は物理的に圧力をかけて磨き直しができないので、表面の汚れをきれいに拭き取り、色の薄くなった部分は捕色し、仕上げ材を塗布することで光沢感がよみがえります。

※「ツヤ出し」をご希望のお客様は革芸人までお問い合わせください。

▶シャイニング仕上げのクロコダイル 商品一覧


友だち追加

革芸人ではご購入前に革見本をお配りしています。

革芸人の製品に使用しているクロコダイルはすべて日本国内染色。
クロコダイル特有の色・艶を、実際に触れて感じてみてください。
ご希望のお色がございましたらフォームからお伝えください。

無料革見本はこちら

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)