革(レザー)と皮(スキン)の違いについて ~クロコダイルの場合~

皮から革へ

私たちの周りには多くの皮革製品があります。

レザージャケットに、スカート、靴、それからバッグや財布などにもレザーは欠かせない存在です。

でも、考えてみると、皮と革という文字があり、どちらも、かわと読むことには変わりありません。

皮と革の違いをご存知でしょうか。

革(レザー)と皮(スキン)はどちらも動物の皮膚であることも同じです。

では、どちらも同じように使って良いのか、同じ意味なのかというと、それはまた違ったものになります。

まず、皮(スキン)は、動物の皮そのもののことで、私たちの皮膚も皮(スキン)になります。

商品にされる前に動物からそのまま剥がされた状態のものを皮(スキン)と呼びます。

そして、そのまま放置していては固くなってしまったり、腐ってしまうので、そうならないよう加工する必要があります。

薬品で処理したり、機械的に加工してなめしたものを革(レザー)と呼ぶ違いがあります。

なので、私たちが普段使っているバッグやジャケット、お財布などはすべて革(レザー)ということになります。


友だち追加

革芸人ではご購入前に革見本をお配りしています。

革芸人の製品に使用しているクロコダイルはすべて日本国内染色。
クロコダイル特有の色・艶を、実際に触れて感じてみてください。
ご希望のお色がございましたらフォームからお伝えください。

無料革見本はこちら

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)